山田のの子について

ホーホケキョとなりの山田くんは1999年7月17日に公開された高畑勲監督によるジブリ映画です。原作はいしいひさいち氏の『となりの山田くん』で、1991年10月10日から朝日新聞朝刊の4コマ漫画として掲載されており、主人公の妹である山田のの子の人気が高くなったため、1997年に『ののちゃん』にタイトルが変更されました。 映画の内容は原作の4コマ漫画のネタにオリジナルのエピソードを加えたものになっています。キャッチコピーの「家内安全は、世界の願い。」は糸井重里氏によるものです。 山田のの子は主人公の山田のぼるの妹で、父の山田たかし、母の山田まつ子、祖母の山野しげ、兄の山田のぼる、犬のポチと一緒に生活しています。小学校3年生でたくさんの友達と遊ぶなど活発な性格である一方で、宿題をやらないなど母親譲りのめんどくさがり家のキャラクターになっています。 作者は山田のの子のキャラクターについて、『シニカル・ヒステリー・アワー』に登場する「ののちゃん」のパクリのつもりと述べています。

Copyright(c) 2016   4コマ漫画から映画になった『ホーホケキョとなりの山田くん』   All Rights Reserved.